カート 0

タリカの研究

1970年代のNASAの発見に基づき、タリカは長年にわたって光線が持つ知られざる力と効用について研究してきました。

2008年には、光線の秘密のひとつが明らかになりました。光の波長が皮膚の内部に作用して、特定の治療効果をもたらすという発見です。この画期的なできごとにより、タリカは美容界における大革新“ライトセラピー”を確立しました。

ポータブルデバイス「スマートブースター」は、周波数と振動を利用して数々の肌の悩みを解消する、光線治療のパイオニア的美顔器です。手の中に入るほどのデバイスには、宇宙規模の研究から得た、タリカの美のインスピレーションがこめられています。

そして2010年には新たな発見がもたらされました。光エネルギーが精密な技術によって、肌の再生エネルギーに転化されるというものです。この研究は、年齢サインの出た肌のDNAを守り、活性化させる「フォトビューティーセラピー ザ ライトエッセンス」に応用されています。